足裏に汗をかくため、冬は暑がりなのに冷え症で困っているのです。

 

冬が冷え性になります。他の部分は平気なのですが汗をかくのです。
足の裏です。そのおかげで靴下が少し湿ってもその水分で足先が冷えてくるんです。
体の一部だけでも冷たいとすごく寒く感じます。

これは困りものです。だっていくらブーツや靴下を履いても意味がないのですから。(´・_・`)
ホカロンの靴タイプを毎年冬になると使っています。しかし、会社じゃサンダルに履き替えるので通勤時のみです。
会社で足が冷たくなります。
会社では小さい電気セラミックヒーターを使っているのですがこれが乾燥するのが困りものですね。加湿器も併用してますがなんか私の机の周りは家電屋さんみたいです。

夏も困るけれど冬も困ることがあるんです。わからない人にはわからないのです。
まあ、真夏より良いですけれどね。

効果的な使い方!
足は、塩化アルミニウムをメインに使いましょう。手汗の手袋と同じように、専用靴下を用意して靴下に塩化アルミニュウムを浸して(湿らす程度)30分でいいので履いていると効果的です。しかし、手袋と違い歩き回れないのが面倒です。専用スリッパも忘れずに用意しましょう。

追加

最近は靴下を履くのをやめてふんわりした薄めのスリッパ(ホテルなどで常備してある使い捨ての様なスリッパがいいです。)を用意してそこに塩化アルミニュウムを少し湿らせています。そっちのほうが楽です。でも、靴下のほうが効果的ですね。

 
このページの先頭へ戻る